妊活整体ベビくるメソッド

menu

第六回 茅ヶ崎のアワキハラ先生(神奈川県の不妊専門鍼灸院の妊活ブログ)

image10

こんにちは。神奈川県藤沢市の不妊整体 不妊鍼灸専門院 ファンクショナルマッサージ治療室です!

今回は妊活の実話の物語(仮名)をご紹介します。

ご本人の了承を頂いてこちらに綴らせていただきます。

 

第六回 茅ヶ崎のアワキハラ先生

僕とマコは定期的にロミに会って、舌や脈を診てもらうことでお灸をすえるポイントを決定してもらっていた。

そのうちに僕はサラリーマンを辞めてフリーランスになった。独立か安定か…悩み抜いたあげくに体調をくずし、少しばかり精神的にも病むにいたってマコもついにあきらめてくれた。

独立して精神的には回復したものの、昼夜逆転の執筆スタイルと早く経済的に自立しなければというプレッシャーのおかげで、僕の健康状態が改善される兆しはまったく見られなかった。

一方、マコは脈拍の弱さや低体温に若干の改善が見られるようになった。

彼女はダンスクラスに通い続け、同じジムで開催するホットヨガに参加するようになった。

わが家のリビングではあい変わらずラテンミュージックが流れ、マコはヨガマットのうえで珍妙なポーズをとっている。

きっかけがあると人間ってこんなに変わるんだな…。

インドア派の文化系夫婦として暮らしてきたこの七年間、想像だにしなかった光景が目の前に広がっていた。

火がついたマコは止まらない。

本棚には妊活を特集した雑誌がズラリとならび始めた。表紙には『温活で脱子宮冷え』だとか『葉酸たっぷり小松菜レシピ』みたいな文言がおどっている。その隣には妊活セミナーでもらってきた大量のパンフレットががならび、テーブル上にはそのセミナーでゲットしてきた『あったかグッズ』や『さるぼぼストラップ』のようなノベルティーがあふれかえっていた。

しばらくして、マコは藤沢の産婦人科に通いだした。メモリー機能付きの体温計を買って基礎体温を計り始めたのもこの頃だ。子づくりは気分が盛り上がったらするものから、排卵のタイミングを見はからってするものに変わった。

「別に排卵のとき以外だってすればいい」…なんてことを彼女は言っていたが…正直、もう頻繁に関係を持とうという元気が僕にはなかった。実質、子づくりは義務化されたのだ。

しかし…こうしてグチのようなことをツラツラとならべてはいるけれど…。

この時期の僕はかなり協力的だったとは思う。

彼女の様々な要求に対して僕が『イヤだ』ということはほとんどなかった。

それは、下手に口論に発展したらライティングに使える時間が削られてしまうという事情もあったが…経済的な事情さえなければ、僕だってホントは子供が欲しかったから。

ところが…やはりデキない。

毎日欠かすことなくお灸をすえても、大量のサプリを飲んでも、ホットヨガに通っても、排卵のタイミングをとっても…待てど暮らせどマコが妊娠する気配はなかった。

スマホをにらんだマコが僕に声をかける。

「ヒロカズも茅ヶ崎、予約して」

茅ヶ崎?

最初は何のことかわからなかった。

「ロミの鍼灸院、予約して」

ああ…今度は鍼か…。

いいよ…といってスマホからネット経由で予約する。

「アワキハラ先生にお願いするから」

アワキハラ先生?…ロミじゃないんだ。

僕はすっかり忘れてしまっていた。

人生を大きく変えてしまうその人の名前を…

茅ヶ崎駅を南口へ出て『雄三通り』を進む。サザンビーチと駅の中間あたりで右に曲がって少し歩く。ガラス張りのオシャレな外観が見えてきた。

明らかに女性を意識した佇まいで、男の僕なんかが入ったら場違いなんじゃないかと少し怖気づく。

勇気を出してガラスの引き戸を開けると、カウンターの向こうに男性が立っていた。にこやかな笑顔と腕ぐみする姿を見て僕はやっと思い出した。

以前、ロミに見せてもらった雑誌に載っていたそのままの姿で、ファンクショナルマッサージの院長アワキハラ先生は「いらっしゃい」とこちらに声をかけてくれた。

 

次回に続く

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女性の不妊鍼灸は無料体験があります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不妊鍼灸の無料体験はこちらからお願いします!

神奈川県藤沢市と茅ヶ崎市の不妊専門治療室
ファンクショナルマッサージ治療室
ファンクショナルマッサージ治療室のサイトはこちら
無料体験のオンライン予約はこちら
お電話でのご予約は藤沢院まで
TEL 0466−52−6353
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メール相談相談

関連記事

Follow SNS