妊活整体ベビくるメソッド

menu

寒さと妊娠力

内膜症による生理痛について

新年、あけましておめでとうございます。
ファクショナルマッサージ治療室の青木です。

先日、東京や横浜では初雪が観測され、ようやく真冬らしい寒さが続いてきましたね。
当院でも暖房がかかせません・・・

今回は、元気で春を迎えるための対策についてお話します。
妊活を頑張っている方は是非、目を通してみてください。

寒くなってくると、身体はこわばり、さらに冷えると免疫力も下がります。
また、冬は乾燥しやすい季節のため、のどを痛めたり、から咳が出る人も多いかと思います。
乾燥からくる喉の症状から、体力の消耗(仕事の忙しさ)やストレスなどにより、さらに体調を崩され悪化する方もいます。
そんな状態の中で、採卵や移植、タイミング、人工授精など、、、苦痛ではありませんか?

「体調が悪いのに、移植しても大丈夫なの?」
「病院にいくだけでも身体がしんどい。」
「こんな状態で夫婦生活なんてできない・・・」

などなど、、、不安なことも増えてしまいますよね。

妊活において、自身の体調管理はとても大切なことです。
健康でいること、規則正しい生活を送れていることが、妊娠に近づくための一つの手段とも言えます。

「今、風邪を引いていないから大丈夫!」

と油断せず、予防をすることがポイントになってきます。
なぜなら、体調の悪くない今こそ、エネルギーを温存するのに最適な時期だからです。
この有り余ったエネルギーは、子宮や卵巣により良い影響を与えると考えています。

では、免疫力を高めるにはどうすれば・・・

まずは身体を温めることです。
身体が温まると、血流が良くなり白血球が正常に働いてくれるため、細菌やウイルスに対しての防衛反応が高まります。
すると自然治癒力が高まるため、風邪を引きにくかったり、たとえ引いてしまっても、すぐに治癒に向かってくれます。
温め方も多種多様ですが、特に重要視したいのが、”身体の内側から温まる”ということです。
温かい飲み物を飲む、生姜を食べる、ネギなど冬が旬のものを食べる、身体を動かす、お灸をする。

それでもなかなか温まらない方、温まってもすぐに冷えてしまう方は、自分で身体を温める力が弱い…ということになります。
そういった方は風邪を引きやすかったり、生理不順であったり、排卵する時の卵の質が悪い可能性があります。
ただ、この状態は自分の努力次第で改善することができます!

当院では、週1回の鍼灸治療と、毎日の自宅灸を積極的に行っていただき
”自分の力で温める”体質へと、改善していくことも目的としています。
身体をあたためることで、免疫力が高まることはもちろん、子宮や卵巣へ向かう血流もアップしていくので、妊娠しやすい体内環境を整えることができます。
それ以外にも、自身の力を引き出すための方法がいくつかあります。

この寒さで体調を崩す前に、身体の状態を一緒に見直してませんか?

まずは不妊治療無料体験でご相談ください。
茅ヶ崎院はお電話でのみ、ご予約可能です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

女性の不妊鍼灸は無料体験があります!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

不妊鍼灸の無料体験はこちらからお願いします!

神奈川県藤沢市と茅ヶ崎市の不妊専門治療室
ファンクショナルマッサージ治療室
ファンクショナルマッサージ治療室のサイトはこちら
無料体験のオンライン予約はこちら
お電話でのご予約は藤沢院まで
TEL 0466−52−6353
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

関連記事

Follow SNS